坂東矯正歯科 矯正治療

歯ならびの種類

 

 

出歯

出歯特徴

上の歯列が下の歯列よりも前に出ている状態のことを出っ歯、専門的には上顎前突(じょうがくぜんとつ)と呼びます。指しゃぶりや舌で前歯を押す癖によって不正咬合の症状が悪化していく場合もあるので、歯をきちんと並べるだけでなく、習癖を改善する必要もあります。
上の歯と下の歯の前後のバランスが崩れてしまっている状態です。

 

一般的な原因

上あごの過成長、下あごの劣成長、歯の位置、角度などバランスを崩してしまう原因は様々です。矯正専用のレントゲンを撮り、上下の前後のバランスという視点から詳しく診察していく必要があります。

 

放っておくとどうなるか

前歯が出てしまっていることで、前歯が折れるリスクやお口の中を傷つけるリスクが高まります。(外傷のリスクが約2倍!)特に子どもの場合は、前歯を折ってしまう事例をよく目にいたします。
また、お口が閉じないことで唾液の循環が不十分になります。唾液にはお口の中をキレイな状態に保つ作用があるので、唾液が不十分になってしまうと、虫歯や歯周病を引き起こすリスクが高まります。
子どもの頃から出っ歯の咬み合わせですと、出っ歯の顔、歯周組織に成長してしまいます!
お早めに専門のクリニックでご相談なさることをお勧めします。

症例

出歯の症例

 

 

受口

受口

    特徴

下あごが前に出ている状態を一般的に受け口と呼び、専門的には下顎前突(かがくぜんとつ)や反対咬合(はんたいこうごう)と呼びます。正しい咬み合わせ(上の歯が下の歯に被さる)と逆になっている状態です。食べ物が噛み切れないなどの症状があります。
上の歯と下の歯の前後のバランスが崩れている状態です

 

一般的な原因

上あご、下あごの骨の成長や歯の位置、角度が原因となっていることが多いです。前後のバランスという視点から何が原因になっているのか丁寧に診察していかなければなりません。
また、下あごを突き出す癖や口呼吸も不正咬合の症状を悪化させる場合があります。

 

放っておくとどうなるか

不正咬合は、放置しておくと歯周組織に悪影響を与えて、歯の寿命を短くしてしまいます。
特に受け口は、本来の咬み合わせとは逆になってしまっているため、下の前歯の歯ぐきや歯を支えている歯槽骨への負荷がかかりやすいので、歯がぐらついてくることがあります。
また、受け口の場合は顔貌が特徴的なのでコンプレックスを抱く人が多いです。
特に子どもの受け口は顎の骨の発育、成長に大きく影響を与えます。
ですから、できる限り早期の治療が必要になります。骨の発育、成長を考えると、多くの場合、「様子を見ましょう。」、「大人になってから治そう。」は誤りです。
お早めに専門のクリニックへご相談ください。


症例

受口の症例

 

 

デコボコ

デコボコ特徴

歯並びがデコボコしている状態のことを叢生(そうせい)、または乱杭歯(らんぐいば)と呼びます。八重歯も叢生に分類することができます。
歯を支える土台となっている骨の大きさ(広さ)と歯の大きさのバランスがとれていない状態です。

一般的な原因

歯がきちんと並ぶスペースがない場合にデコボコした歯並び(叢生)になってしまいます。
あご(歯を支える土台)が小さい場合、逆に歯が大きい場合が考えられます。
日本人は欧米人に比べて、あごの大きさが小さいので、叢生の割合が多いです。

放っておくとどうなるか

歯が前後左右に重なり合ってしまっているので、歯みがきがしづらく、虫歯、歯肉炎、歯周病になってしまう可能性が高くなります。
矯正は永久歯に生え変わってから始めればいいとお考えの方も多くいらっしゃいますが、成長期の子どもの場合、あごの成長を促進、もしくは抑制することで正しい咬み合わせのバランスをとることが可能な場合もあります。非抜歯での矯正治療の可能性も高くすることができるのでので、永久歯に生え変わってからではなく、不正咬合が気になったタイミング(もしくはその前、目安としては6歳ぐらい)でご来院なさることをお勧めします。
不正咬合は、放置しておくと歯周組織に悪影響を与えて、歯の寿命を短くしてしまいます。
歯がでこぼこだと、お互い支え合ったり、強すぎる力が加わらないように守り合ったりすることができないからです。

 

症例

デコボコ症例

歯の見える所(歯の頭)がでこぼこということは見えない所(歯の根っこ)もでこぼこです。 歯の根っこがでこぼこということは、歯を支えている歯周組織のバランスが悪くなっています。

 

 

すきっ歯

すきっ歯特徴

隣の歯との間に隙間ができていて、接触していない状態をすきっ歯、専門的には空隙歯列と呼びます。特に多いのが一番前の歯の間(体の正中線)に隙間がある状態で、正中離開と呼びます。

 

一般的な原因

すきっ歯は、舌の癖、もしくは何らかの理由でスペースが大きく余ったときに生じます。
正中離開の場合は、過剰歯といって、正常の歯の本数よりも多く歯が生えてしまっていることが原因の場合が多いです。過剰歯は、上前歯の歯根付近に出現することが多く、ここに出現するものを正中過剰歯と呼びます。
また、上唇小帯異常(上くちびるから歯ぐきに伸びるスジの異常)や過蓋咬合(咬み合わせが深いこと)が原因となる場合もあります。

 

放っておくとどうなるか

過剰歯、上唇小帯異常、舌突出(舌を前に出す癖)、過蓋咬合を原因としていなければ、永久歯が生えてくる前のこどもでしたら、ほとんどの場合、心配なさる必要はありません。乳歯より大きな永久歯が生えそろったらきれいな歯並びになる場合が多いです。
永久歯が生えそろった後のすきっ歯は放っておいても改善することはありません。
見た目の問題が大きいですが、歯と歯の隙間から空気が漏れてしまうので発音の問題が生じます。さらに、歯の隙間に食べ物が詰まってしまうことが多いので、口臭や虫歯、歯周病のリスクを高めてしまいます。 また、不正咬合は、放置しておくと歯周組織に悪影響を与えて、歯の寿命を短くしてしまいます。

 

症例

すきっ歯の症例

 

 

 

過蓋咬合

過蓋咬合特徴

下の前歯の約2/3以上が上の前歯に覆われてしまっている状態を過蓋咬合(かがいこうごう)と呼びます。
上下の歯の垂直的な咬み合わせのバランスが崩れてしまっています。
前から見て、下の歯が見えていても、下の歯が上あごの歯ぐきを咬んでいる方もいます。
自分自身では気付かないことが多く、歯科検診などで指摘されることが多いです。

一般的な原因

前歯の咬み合わせが目立ちますが、あくまでも垂直的な咬み合わせのバランスが崩れてしまっている状態ですので、あご全体の咬み合わせをきちんと判断し、原因を調べる必要があります。

放っておくとどうなるか

不正咬合は、放置しておくと歯周組織に悪影響を与えて、歯の寿命を短くしてしまいます。
特に、過蓋咬合の場合、特定の歯に強い力がかかりやすいため、歯の寿命が短くなりやすいです。また、下の歯が上の歯の歯ぐきに常に刺激を与えることになるので、歯ぐきが下がり、歯周病になりやすくなります。下の歯が上の歯ぐきに食い込んで、口内炎ができやすい状態でもあります。
さらに、下あごの動きが制限されているため、あごの関節が圧迫され、顎関節症を引き起こしやすい咬み合わせです。
成長期のこどもの場合、あごの発育にも影響が大きく、下あごが前方へ正常に発育できない原因になることもあります。

症例1

過蓋咬合症例1

症例2

過蓋咬合症例2

 

 

 

 

坂東矯正歯科(附属学園よこ・リブラン五福店向かい) アクセス

【住所】〒930-0882 富山県富山市五艘1380-1

【診療時間】

 月・金:13:00~19:00

 火・水・土:10:00~13:00、15:00~19:30

 日:9:00~16:30

 

【休診】

 木曜日、

 第1,3,5 月曜日、

 第2,4 日曜日

坂東矯正歯科地図