坂東矯正歯科 矯正治療

矯正治療

 

裏側矯正


裏側矯正

歯の裏側に矯正装置をつける治療方法です。矯正装置が目立たないので、接客業など見た目に関する制約の多い職業の方に選ばれています。

 

メリット・デメリット


メリット

 1.目立たない

裏側矯正のメリットは何といってもその審美性の高さにあります。他の人からは矯正をしていることをほとんど気付かれることなく治療を進めていくことができます。従来は、接客業や芸能関係等の方がよくお選びになる治療法でしたが、徐々に学生や主婦層にも広まってきています。

 

 2.虫歯になりにくい

矯正治療をしていく上で避けることができない問題として、歯のクリーニングの問題があります。歯に装置が付いているとどうしてもブラッシングが行き届かず、虫歯になってしまうこともあります。裏側は自浄作用のある唾液で潤っているので、表側に比べて虫歯のリスクを軽減することができます。

 

 3.安全

スポーツ等でお口に対して外側から力を加えられたとき(お顔にボールが当たる等)、矯正装置が歯の表側に付いているとお口の中が切れてしまうことが多いです。装置を歯の裏側に付けることでそのリスクを回避できます。


デメリット

 1.費用が高い

歯の裏側に装置を付けることは高い技術力が求められます。「見えない矯正治療」ということは装置を装着する際も表側の矯正治療と比べて手元が見えづらくなってしまいます。さらに、装置を患者さんのお口にそれぞれの状態に合わせて表側よりもさらに特殊なオーダーメイドをする必要があるので、表側矯正と比べて費用が高くなってしまいます。そのため、目立つ上の歯は裏側に、下側は表側に装置をつけることで費用を抑えるという選択肢もございます。

 

 2.発音、発声がしづらい

歯の裏側に装置があるので、表側に装置を付けるよりも発音や発声がしづらくなると言われています。しかし、当院では裏側矯正も最新の装置とテクニックを用いており、一般的な裏側矯正の装置よりも非常にコンパクトで歯にフィットしております。ですから、当院の治療は、従来の裏側矯正のようなストレスは軽減されています。

 

 3.治療の難易度が上がる

裏側矯正は治療の難易度が高いので、どうしても仕上がりが若干悪くなってしまったり、1回あたりの治療時間が長くなってしまったり、治療の期間が長くなってしまったりしてしまいます。(※当院の表側矯正と比較した場合)


裏側矯正は次のような方にオススメできます

・矯正治療をしたいが、周囲に気付かれたくない
・仕事等の理由で、表側に矯正装置を付けることができない

 

当院の裏側矯正は最新のテクニックを用いておりますので、従来のやり方に比べると、歯の動きも速いです。

坂東矯正歯科ページトップ

 

 

 

坂東矯正歯科(附属学園よこ・リブラン五福店向かい) アクセス

【住所】〒930-0882 富山県富山市五艘1380-1

【診療時間】

 月・金:13:00~19:00

 火・水・土:10:00~13:00、15:00~19:30

 日:9:00~16:30

 

【休診】

 木曜日、

 第1,3,5 月曜日、

 第2,4 日曜日

坂東矯正歯科地図